フジッコの4〜6月期、純利益6%増 ヨーグルト、惣菜の伸び目立つ

20170728フジッコ決算グラフ

 フジッコが28日に発表した2017年4〜6月期の連結決算は、純利益が前年同期比6%増の8億6000万円だった。ヨーグルト製品と惣菜製品の販売で伸びが目立った。昆布製品、豆製品、デザート製品の販売も前年を上回り、増収効果が寄与した。

 売上高は4%増の152億円、営業利益は6%増の11億円だった。売上高の内訳は、惣菜製品が47億円(前年同期比7%増)、昆布製品が41億円(同3%増)、豆製品が33億円(2%増)、ヨーグルト製品が16億円(7%増)、デザート製品が10億円(5%増)、その他は3億円になった。

 18年3月期の連結業績予想は据え置き。前期比1円増配の年36円(うち中間18円)とする年間配当計画も変更しなかった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報