バンドー、伝動ベルト10%値上げ 原材料高を転嫁・10月1日から

 バンドー化学は18日、自動車のエンジンや機械の伝動用に使う摩擦伝動ベルトの主要製品を10%値上げるすと発表した。10月1日受注分から適用する。主原材料である天然ゴムのほか、原料になる合成ゴムや石油化学製品の価格が軒並み大幅に上昇しており、これを販売価格に転嫁する。

 生産性の向上やコスト削減など企業努力だけでは吸収できないと判断した。値上げの対象は自動車用、機械用、農機用など20品種になる。

 値上げの発表を受けて、午後の東京株式市場でバンドー株は一時、前週末比14円高の1109円まで上昇した。伝動ベルト事業の採算改善を期待した買いが入った。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報