トリドールHD、米外食投資ファンドに出資 米外食市場の情報収集

 トリドールホールディングスは13日、米国の投資ファンド「ハーゲット・ハンター・プレミアブランド・ファンド」に出資すると発表した。米投資会社ハーゲット・ハンター・キャピタル・パートナーズ(ノースカロライナ州)が運用し、株式を公開していない米国の外食企業に投資する。トリドールはファンドへの出資を通じて米国の外食市場について情報収集し、将来のM&A(合併・買収)などにもつなげたい考えだ。出資額は明らかにしていない。

 同社は2015年に発表した長期経営計画で、2025年に国内外で6000店の出店目標を掲げた。だが2017年3月末現在の店舗数は1211店で目標は依然遠い。出店数の拡大には2016年の時点で約80兆円と世界最大ながら、現在も拡大が続いている米国の外食市場への積極進出は欠かせないとみる。投資先の育成も手がけるファンドの運用担当者と情報交換することで、トリドールは現時点でハワイ州の2店舗にとどまる米国で、店舗展開する方策を練る考えだ。

 出資するファンドは2015年7月に設立した。1億ドルを上限に金融機関や投資会社、事業会社などから資金を集めている。運用期間10年を予定。運用チームにはM&Aの専門家らに加え、外食の上場会社でのトップ経験者も抱えるという。投資先への出資だけでなく、ブランディングや立地開発、現場作業の改善など幅広い分野で投資先に助言し、育成することができるとしている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報