スタジオアタオ、3〜5月期の純利益1億7800万円 8月末の1株を3株に株式分割

20170712スタジオアタオ決算グラフ

 スタジオアタオが12日に発表した2017年3〜5月期の連結決算は、純利益が1億7800万円だった。同社が3〜5月期の決算を発表するのは初めてのため、前年同期の比較はない。18年3月期通期の純利益予想(前期比12%増の3億4000万円)に対する進捗率は、52%になった。

 売上高は11億円、営業利益は2億5800万円だった。販促費を増額してSNSなどから店舗への誘客を積極化した。3〜5月期の期中には、3月15日に東京エリアでは初であるIANNE銀座店をマロニエゲート2(旧プランタン銀座、東京都中央区)に出店した。

 2018年2月期の連結業績予想は据え置いた。売上高は前期比16%増の33億円、営業利益は8%増の5億円を引き続き見込む。

 同時に8月31日の1株を3株に分割する株式分割を実施すると発表した。投資単位あたりの金額を引き下げ、株式の流動性を高めることなどをねらう。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報