真珠・ダイヤ・金のポートタワー、そごう神戸店で展示 15日から・大月真珠

20170706ポートタワー大月真珠

 大月真珠(神戸市中央区)は真珠、ダイヤモンド、金でポートタワーの模型(写真=発表資料より)を製作。15日から8月31日まで、そごう神戸店(神戸市中央区)の新館7階、宝飾品の売り場で展示する。神戸開港150年記念事業の一環だ。神戸の地場産業である「真珠」と神戸港のシンボル「ポートタワー」で150年の歴史をきらびやかに飾る。

 つづみ型の柱部分には18金のピンクゴールドを使用。32本の柱を19段に分けて下から積み上げ、柱が交差する場所は溶接した。台座とエレベーター、展望台には真珠を詰めた。4.5ミリメートルと6.5ミリメートルのアコヤ真珠が合計1420個も使われた。最上部の文字「PORT OF KOBE」はダイヤ220個、合計1.83カラットを使って書いた。

 製作には約8カ月をかけた。熱に弱いピンクゴールドの取り扱いが難しく、溶接などで割れる可能性を意識しながら組み立てたという。常に新鮮な状態の地金を投入するために、作品として残った分量(262.42グラム)を大きく上回る約600グラムの地金を使って作業した。本物の300分の1の大きさで、高さは36センチメートル。値段を付ければ相当高価になりそうだが、展示のみで販売はしない。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報