上組、神戸港・ポーアイに新物流センター 流通加工から輸出まで一括取り扱い

20170626上組ポーアイ物流センター

 上組は26日、神戸港・ポートアイランド第2期地区(神戸市中央区)に新しく物流センターを建設すると発表した。倉庫やトラックから海上コンテナへの積み替えなどだけでなく、流通小売業の仕分け、流通加工、店舗配送や海外輸出などを一括で取り扱い、荷主が物流拠点として使えるようにする。神戸港の利便性を高めることで、取り扱う貨物量の増加をねらう。

 1万2000平方メートルの土地を神戸市から借り受けて建設する。延べ床面積は2万829平方メートルを予定しており、昨年4月に完成した神戸ポートアイランド流通加工センター(KPDC)の1万9304平方メートルよりも広い。鉄骨3階建てで既に着工しており、2018年3月下旬の完成を予定する。(図は完成予想図=上組の発表資料より)
 
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報