知事選2017 選挙公報を読む(4)井戸氏 シンプルに課題明示、実績は控えめ

 20170615知事選ワッペン2

 7月2日に実施する兵庫県知事選の候補者について、選挙公報から各候補が掲げる政策のポイントなどを読み解く。選挙広報への掲載順で最終回は現職で無所属(自民、民進、公明、社民のそれぞれ県組織が推薦)の井戸敏三候補だ。

 候補者4人のうち最もシンプルに課題を明示した。「県政150年」「地域創生」「災害対策」「少子化対策」「交流人口増」「地方分権」の順に6つのテーマを掲げた。加えて「めざす兵庫像」として「活力あるふるさと兵庫」などと、井戸氏が知事として取り組んだ課題の継続性を示唆した。

20170624選挙公報井戸候補

 他の候補に見られない特徴は、「県政150年」を強調したことだ。6つの課題で先頭に掲げたのに加え、最も大きな字で書いた候補者名の隣にも「県政150年 兵庫の未来を拓きます」と強調する見出しを配置した。ただ県政150年に関連する施策などについての言及は、特に見当たらない。

 井戸氏は知事として既に4期16年を務めたが、意外にも過去の実績に関する言及がとても控えめだ。左端の「井戸敏三 略歴」に、やや小さめの文字で示した「兵庫県知事(4期) 平成22年〜現在」に気づかなければ、現職であることも分からない可能性がある。むしろ「原点からのスタート」といった新しさを強調するスローガンが目立つ。多選批判に配慮したものだろうか。

 選挙公報は各世帯に配布されるほか、兵庫県選挙管理委員会のホームページでも見ることができる。
=おわり

▽関連記事
知事選2017 選挙公報を読む(3)勝谷氏 スローガンを強調、笑顔のイラスト (2017/06/23)
知事選2017 選挙公報を読む(2)津川氏 推薦者の顔ぶれ多彩、国政にも一言 (2017/06/22)
知事選2017 選挙公報を読む(1)中川氏 ユニークな政策目立たせ、実績も強調 (2017/06/21)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報