観光客をGPSで追跡せよ! 神戸市がモニター募集、使いやすい交通料金探る

 神戸市は8〜11月の4カ月間、モニターに応募した観光客を対象に、全地球測位システム(GPS)を使って経路を追跡する。神戸から離れる前には、アンケート調査も実施。観光客の動き方に関するデータや、電車・バスなど公共交通に関する意見・考えなどを収集し、分かりやすい交通料金体系の整備に向けた資料を得るのがねらい。モニターの観光客には1日無料乗車券を配布する。

 対象の4カ月間に神戸市の都心部を訪れ、公共交通を利用する観光客が対象。約800人のモニター観光客を募集する。神戸を訪れる1カ月以上前に申し込む。当選した場合は、事前にマニュアルと引換券が自宅に届く。観光当日に、引換券をJR三ノ宮駅すぐの神戸市総合インフォーメーションセンターか新神戸駅の観光案内所に持ち込めば、GPS記録機(GPSロガー)と無料乗車券と交換できる。

 無料乗車券はJR以外の鉄道やシティーループバスなどに乗れる。2人以内の同伴者にも同じ無料券を渡す。申し込み期間は6月26日〜10月31日。氏名や住所、連絡先、神戸観光の日程や人数など必要事項をメールやFAX、郵便などで神戸市の「住宅都市局計画部・都心三宮再整備課・都心交通係」まで申し込む。詳しい応募要領や申し込み用紙などは神戸市がホームページに掲載している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報