沢の鶴社長に西村隆専務 33年ぶり社長交代、隆治社長は会長に

20170620沢の鶴西村隆社長

 沢の鶴(神戸市灘区)は20日、定時株主総会と取締役会を開催し、西村隆専務(40、写真=沢の鶴の発表資料より)が社長に昇格する人事を決めたと発表した。沢の鶴の社長交代は1984年以来33年ぶり。西村隆治社長(72)は代表権のある会長に就く。1717年の創業以来300周年の節目を迎え、経営の若返りをはかる。新社長の隆氏は隆治氏の長男で、同社としては第15代目の当主になる。

 西村隆(にしむら・たかし) 1977年3月18日生まれ。99年甲南大経営卒。同年、雪印乳業(現・雪印メグミルク)に入社。2003年に沢の鶴入社。10年取締役、12年常務、14年専務。兵庫県出身。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報