北神急行、開業30周年でヘッドマークのデザイン募集 最優秀賞に賞金5万円

 阪急阪神ホールディングス(HD)傘下の北神急行電鉄(神戸市北区)は7日、開業30周年を記念したロゴマークとヘッドマークのデザインを募集すると発表した。同社は2018年4月2日で開業30周年を迎えることから18年度は記念行事などを開催する予定。これらの広報活動に記念ロゴマークを活用すると同時に、記念ヘッドマークを掲げた列車を運転する。

 募集期間は14日から9月15日までを予定する。何回でも応募できるが、所定のホームページの専用フォームから「JPEG」形式の画像ファイルで応募し、手書きは受け付けない。社内審査でロゴマークとヘッドマークの案を3点程度にしぼり、秋に開催する「北神急行フェスティバル」の来場者の投票で最優秀賞を決定する。最優秀賞には賞金5万円。優秀賞は1万円を贈る。

 マークの著作権などは北神急行に帰属させる。北神急行は六甲山地の地下を、神戸電鉄の谷上駅と神戸市営地下鉄山手線の新神戸駅を直接結ぶ形で運転し、全列車が神戸市営地下鉄と相互乗り入れする。現在は線路など施設の大半を、やはり阪急阪神HD傘下の神戸高速鉄道(神戸市中央区)が保有しており、列車の運行のみを担当する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報