「ループにゃん」が神戸みやげのクッキーに登場 ゴンチャロフ製菓

20170604ループにゃんクッキー

 ゴンチャロフ製菓(神戸市灘区)は循環バス「シティー・ループ」のキャラクター「ループにゃん」をデザインしたクッキーの詰め合わせ「神戸ビュースポット ループにゃん(クッキーアソート)」(写真=神戸交通新興の発表資料より)を5月30日に発売した。シティー・ループで回った神戸観光の思い出を、おみやげとして持ち帰ることができる。

 シティー・ループは神戸港の観光船乗り場と新神戸駅の間を循環コースで走る観光客向けバス。神戸市の外郭団体である神戸交通振興(神戸市長田区)が運行する。南京町、旧居留地、トアロード、北野異人館街といった主要な観光スポットをほとんど経路に組み込んでいて、レトロなバスのデザインが神戸観光の気分を盛り上げる。そうしたシティー・ループに乗った思い出として、神戸を出るときのおみやげ需要などに応えるとみられる。

 パッケージのデザインは、シティー・ループで神戸を巡る際のわくわくした気持ちを表現。シティー・ループの車体の色で、高級感のある深緑色を基調にした。バタークッキーの個包装にもループにゃんとシティー・ループを描いた。内容はバタークッキー6枚とチョコレートを巻き込んだ「チョコレートロールクッキー」6本のセット。いずれも1個ずつ個包装した。税込み972円。

 三宮・さんちかのゴンチャロフさんちか店などで順次発売する。ゴンチャロフ製菓は、これまでも独自で神戸地区限定のチョコレート菓子「神戸ビュースポット」を展開。神戸の観光地をデザインしたパッケージの洋菓子を販売している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報