バンドー化学、伸縮性ひずみセンサーなど出展 展示会FOOMA JAPANで

20170527バンドー化学C-STRETCH

 バンドー化学は6月13〜16日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催する見本市「2017国際食品工業展(FOOMA JAPAN2017)に、伸縮性ひずみセンサー「C-STRETCH」(写真=バンドーの発表資料より)などの自社開発製品を出展すると発表した。今回の展示は「食品工場に新しい価値を提供する」がキーワードという。食品搬送用ベルトなども展示を計画している。

 C-STRETCHは高い検出精度で物体のひずみを測定できるのと同時に、製品自体に伸縮性がある。のどに巻いて使うことで、これまで人間の感覚に頼る官能検査だった、介護食や飲料などの嚥下(えんげ)機能(飲み込みやすさ)を定量化できる可能性を提案する。

 このほか欧州が輸入するプラスチックに求めている欧州委員会規則(PIM)に適合した素材で作った食品搬送用のベルトシートや、カバーはがれなどの心配がない1種類の樹脂だけで作った「単一材ベルト」なども展示。国内外の食品会社などに向け、同社の技術力や製品の品質などを訴える。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報