神戸市議会、シアトル市議会と相互交流などで覚書 22日に調印式

 神戸市議会は16日、シアトル市議会と相互交流や情報の共有などで覚書を結ぶと発表した。シアトル市議会のブルース・ハレル議長が来日するのに合わせ、22日午前に覚書の調印式を開く。神戸市議会からは池田りんたろう議長が出迎える予定だ。神戸市議会が海外の市議会との議会間で合意するのは初めて。

 神戸市とシアトル市の姉妹都市提携が60周年を迎えるのを記念して、今後さらに互いの理解を深めることなどがねらい。覚書には今後両市で実施する交流・連携事業の積極的な支援に加え、議員間の交流促進、共通する課題に対する相互理解や情報共有などを盛り込む。

 姉妹都市提携の60周年に加え、神戸港とシアトル港の提携50周年にも当たることから、ハレル氏と池田氏の両議長による記念植樹も実施する。神戸市役所横の花時計付近に植樹する予定だ。花時計の付近には老朽化によって撤去した2015年3月まで、シアトル市から贈られたトーテムポールを設置していた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報