ダンロップスポーツの1〜3月期、最終黒字6億円 国内減収も海外伸びる

20170509ダンロップスポーツ決算グラフ

 ダンロップスポーツが9日に発表した2017年1〜3月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が6億1600万円の黒字(前年同期は2億7200万円の赤字)だった。前年同期は円高を受けて為替差損を計上したが、今回は為替差益が発生した。海外ではゴルフ用品が伸び、収益も好調だった。国内でのコスト削減も寄与したという。

 売上収益は前年同期に比べ微増の168億円、営業利益は83%増の10億2300万円だった。製品別では主力のゴルフクラブが前年比1割減と苦戦したが、ゴルフボールが堅調。国内ではテニス用品も好調だった。地域別では国内売上高が95億円と、前年同期に比べ14億円減少したが、北米、欧州、アジア、豪州・南アフリカはいずれも増収だった。

 2017年12月期の連結業績予想は従来の見方を据え置いた。引き続き、純利益は前期比15%減の16億円を見込む。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報