久元神戸市長、新神戸駅「改善します」 「若者に選ばれるまち」で討論・078

 音楽や映画、IT(情報技術)など媒体を超えて情報発信することを目的としたイベント「078(ぜろななはち)」(主催・078実行委員会、共催・神戸市)では6日午前、開会式に続き「若者に選ばれるまち」をテーマに討論した。出席したミュージシャン「WEAVER」のメンバー奥野翔太さんが、神戸は観光地として優れた可能性を持っているにもかかわらず「(新幹線の)新神戸駅には神戸に来た感じがあまりない」と指摘。これを受けて久元喜造神戸市長が「いきなり議会答弁みたいになってしまうけど、改善するようにします」と話し、会場の笑いを誘った。

20170505「若者に選ばれるまち」討論

 討論ではWEAVERの3人と久元氏に加え、有馬温泉の活性化に取り組む金井啓修・御所坊社長、東遊園地でファーマーズマーケットを立ち上げた小泉寛明・神戸R不動産代表が出席し、神戸大学工学研究科の棚橋修准教授が司会を務めた。久元氏が往年のヒット曲「いちご白書をもう一度」の一節を歌うと、会場から手拍子。「この歌は就職が決まると、もう若くないというメッセージが含まれているが、神戸市の『若者』はもう少し幅広い層を念頭に置いている」(久元氏)と説明する場面もあった。

 久元氏は「戦災や震災の影響で京都に比べて文化遺産の層が薄く、それに代わって神戸という街を差別化するためのものが定まっているわけでない」との認識を示した。一方で、小泉氏は25回引っ越したが、神戸・北野に引っ越した12年前を最後に引っ越ししなくなった経験を語り、「神戸では風や光を感じられて圧倒的に住みやすいけれど、最初は神戸でビジネスができる自信がなかった」と話した。久元氏は「ビジネス100%ではない住みやすさについて、どう共感を広げていくのかも課題」と受けた。

 WEAVERの杉本雄治さんは、「若者の間では(実際に体験するのでなく、体験したことを)インスタグラムなどのSNSで発信すること自体が目的になっている」と指摘。「神戸で起きた新しいムーブメントをもっと紹介できれば、神戸に関心を持ってくれるのではないか」と話していた。(写真は左から棚橋氏、久元氏、小泉氏、金井氏、WEAVERの杉本さん、奥野さん、河辺徹さん)

<訂正>
・新神戸駅について発言したのはWEAVERの奥野翔太さんでした。当初は河辺徹さんとしていましたが誤りでした。ご迷惑をおかけしました。(2017/05/09)

関連記事

広告

コメント

WEAVER

新神戸駅について指摘をしたのは、WEAVERの奥野さんです。
また、河邉さんの漢字が違っています。

Re: WEAVER

ゆきさま

ご指摘、ありがとうございます。

新神戸駅の件は確認して訂正するようにします。
ちょっとだけ、時間を頂ければと思います。

また河辺さんの件は大変申し訳ないのですが「邉」の字が常用漢字でないため、「邉」なども含めて「辺」に統一させていただいています。
今後とも、引き続きよろしくお願いします。

Re: WEAVER

ゆきさま

 新神戸駅について発言したのは奥野さんであることが、こちらでも確認できました。記事は訂正しました。ご指摘、ありがとうございます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

迅速なご対応ありがとうございました。
先日はWEAVERの皆さんの神戸に対する愛のこもったコメントに心打たれました!
大好きだからこそ見える改善すべき点、こうなって欲しいという理想の形・・・それに善処するという前向きなお答え。
ますます神戸が好きになりました。
私はあの場で神戸市主催で神戸学検定のお願いを発言した者です。実現したら嬉しいです。
また、帰宅してからひらめいたのですが、神戸市内の駅の発車メロディが、神戸出身またはゆかりのあるアーティストの曲になったら素敵だなと思います。
もちろんWEAVERも!!!

Re: タイトルなし

ゆきさま

 なるほど。質疑応答のとき、たしか最初にご発言なさった方ですね。当サイトは、神戸のことから世界の動きを理解できるだろうかという、ささやかな試みのつもりです。目指すところは「神戸愛は地球を救う」かな、と思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報