みなと銀、携帯電話のSMSで顧客向け案内 サービス案内にも活用

 みなと銀行は携帯電話番号を宛先にする短文向けのメッセージサービス「SMS(ショート・メッセージ・サービス)」を顧客向けの案内に活用すると発表した。連絡先として携帯電話の番号を届け出ている顧客を対象に、ローンの手続きに関する案内のほか、新商品などの案内にも活用する。国内地銀の間でSMSを積極的に活用する動きが広がっており、みなと銀も同様のサービスを導入する。

 SMSを通じて提供するのは各種ローンを利用した際の支払い情報、書類不備の連絡、審査結果が中心。さらに同行の商品やサービスに関する案内も配信する。送信元として4種類の専用電話番号を用意した。迷惑メールやフィッシング詐欺などと見分けるため、みなと銀は専用番号以外からは送信しない。ログイン情報やパスワード、暗証番号などの入力も求めないことも定めて運用する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報