神栄、子会社株の減損1億8600万円計上 連結業績に影響なし

 神栄は21日、全額出資した子会社の神栄キャパシタ株について評価損1億8600万円計上すると発表した。2017年3月期の単独決算で特別損失として計上する。収益性の低下が見込まれる事業用資産について、9600万円の減損処理を神栄キャパシタが実施することが主因。最近の神栄キャパシタの業績や財務内容なども勘案し、同社株の評価額を引き下げることを決めた。

 神栄が単独決算で計上する子会社の評価損は、連結決算では消去されるという。このため神栄の2017年3月期業績には影響しないとしている。17年3月期の連結最終損益は、引き続き4億円の黒字(前の期は2億9900万円の赤字)を見込む。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報