メトロこうべに屋内ゴルフ練習場 最新の弾道測定器など設置・28日開業

20170421メトロこうべゴルフ練習場

 阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道は21日、神戸高速鉄道の新開地駅と高速神戸駅を結ぶ地下街「メトロこうべ」に屋内ゴルフ練習場「hangol(ハンゴル)」(写真=阪神電鉄の発表資料より)を開設すると発表した。28日にオープンする。新開地駅から徒歩3分の好立地。仕事帰りに気軽に立ち寄ってもらえるような施設を目指す。野外練習場よりも精度の高い練習ができるよう、最新機器も設置した。

 全7打席とパター練習場、更衣室2室、コインロッカーを設置した。7打席のうち3打席には自分のスイングをスロー再生したり、プロのスイングと比較したりできる「スイングモニター」を設置。残りの4打席にはショットごとに飛距離や回転、打ち出し角度などを詳しく確認できる「弾道測定器」を設置した。

 利用料金は50分1500円、25分750円で時間内は打ち放題。利用には会員登録が必要だが、登録料や年会費などは無料とした。パター練習場や更衣室の利用のほか、ゴルフクラブやシューズなどのレンタルも無料だ。営業時間は平日が午前10時〜午後10時、休日は午前7時〜午後9時で不定休。

 沿線活性化を目的に、高架下や自社施設などを利用して屋内スポーツを楽しめるようにする新事業「インドアスポーツ施設事業」の第1弾。社内起業の支援制度を活用して始める事業の一環という。同制度では、これまで子供が校門を通過すると保護者にメールが届く「登下校ミマモルメ」、リハビリ特化型で半日コースの「はんしんいきいきデイサービス」を事業化している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報