井戸兵庫知事、三宮再開発「ビル建設の助成など差し当たっての課題か」

20170418井戸兵庫知事定例会見

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が公開した動画より)は18日の定例記者会見で、神戸市が進める三宮再開発について「再開発ビルへの助成をどのようにするか、といったことが県としての差し当たって出てくる課題だと思います」との見通しを述べた。2016年12月に開業した明石駅前の再開発ビルでは建設費の20%を助成した経緯を踏まえ、神戸市が進める再開発事業に「県としての協力が考えられる」と説明した。

 兵庫県企業庁が入居する複合ビル「サンパル」(神戸市中央区)を取り壊し、バスターミナルを建設する計画を神戸市が示している。このことから「現時点ではどういった協力ができるか明らかではないが、企業庁としても機会があればきっちり検討すべき」と述べた。

 兵庫県は同日、企業庁の経営計画を改定したと発表。同庁が手がける企業資産運用事業の一環で、サンパルの保有床を有効活用することに改めて触れた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報