JR元町駅東口、再整備で提案募集 最優秀賞に賞金20万円・神戸市

 神戸市はJR元町駅の東口前にある広場を再整備すると発表した。具体的な整備計画を住民などから募集する。現在は植え込みと自転車の貸し出し拠点などがあるが、メリケンパークや旧居留地など観光地への玄関口とあって、待ち合わせや休憩などにも使いやすい「まちなか拠点」(神戸市)になるような提案を受け付ける。最優秀賞には賞金20万円を用意した。(図は再整備の対象地域=応募要項より)

20170418元町駅東口広場の再整備対象

 応募する再整備計画には、「30人程度が座れる施設を含む」「整備後に特段の維持管理費用を必要としない」といった神戸市が求める仕様を取り入れる。デザイン性、わかりやすさ、集まりやすさ、回遊性、快適性の5つの観点から評価する。既存の街灯や彫刻などは撤去や移設を検討してもよいとしているが、既存の案内サインの活用のほか「元町らしさ」なども評価の対象になるという。

 応募する場合は4月24日〜5月31日までに応募登録し、神戸市から資料提供を受ける。神戸市は4月25日〜5月12日に質問を受け付け、5月17日に回答を返送する。7月3日の提出期限のあとは、7月中下旬に審査結果を応募者に通知し、8月上旬にも表彰式を開催する。最優秀賞1点のほか、優秀賞(賞金3万円)2点、アイデア賞(同5万円)1点をそれぞれ選ぶ予定だ。

 募集に関する問い合わせ先は神戸市建設局道路部工務課安全施設係(電話078-322-5399)で、4月20日から5月31日まで受け付ける。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報