スタジオアタオの前期、純利益93%増の3億円 ネット販売が約5割増

20170412スタジオアタオ2017年2月期決算

 バッグや財布などの革製品を企画・販売するスタジオアタオが12日に発表した連結決算は、純利益が前の期比93%増の3億300万円だった。インターネット通販の売上高が大幅に伸びた増収効果が寄与した。販売促進費用など大幅に伸びた費用を吸収した。

 売上高は48%増の28億円、営業利益は88%増の4億6100万円になった。販促費を増額し、SNS(交流サイト)や自社ブログを活用した通販サイトや店舗への誘導を積極化した。ネット販売の売上高は前の期に比べ49.9%増の14億9173万円と大幅に伸びた。店舗販売も38.6%増の12億1876億円と好調だった。

 18年2月期の連結業績予想は純利益が12%増の3億4000万円になる見通し。ネット販売が引き続き伸びるほか、3月にマロニエゲート銀座2(旧プランタン銀座、東京都中央区)に新規出店したことなどで店舗販売も増加するとみている。売上高は16%増の33億円、営業利益は8%増の5億円になる見込み。

 配当金は無配を継続する予定。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報