鳥取・大山友禅染の手法を使ったオニツカタイガー アシックス

 アシックスは4日、スポーツシューズの「オニツカタイガー」ブランドで日本の職人技術を取り入れたシリーズ「NIPPON MADE(ニッポンメイド)」から、大山友禅染の手法を用いた「MEXICO 66 DELUXE(メキシコ66デラックス)」(写真=アシックスの発表資料より)を8日に発売すると発表した。シューズの全体をやわらかく、暖かみのある色に仕上げた。

20170404大山友禅染のオニツカタイガー

 オニツカタイガーの代表的な品種である「MEXICO 66」をベースに制作。デザインした桜の花びらは、染色家が手作業で防染材の「糸目糊」を置いて1枚ずつ描いた。かかとにかけてのグラデーションに花びらがかかり、桜吹雪のような優美な構図になった。大山友禅染の発祥地とされる鳥取県はアシックスの創業者である鬼塚喜八郎の出身地でもあり、アシックスにとっても特別な靴という。

 同様に大山友禅染の手法を取り入れながら、染色家がローケツ筆で模様を描き、彩色筆で色を差したタイプも作った。素材はアッパー(甲の部分)が天然皮革で、靴底はゴム。男性向けは税別2万5000円、女性向けは同2万4000円。国内のオニツカタイガー直営店で販売する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報