兵庫県など、川重の造船事業縮小で相談窓口 井戸兵庫知事「万全を期す」

 兵庫県は3日、神戸市と神戸商工会議所が連携して設置する「ひょうご・神戸経営相談センター」(神戸市中央区)に、「川崎重工業造船事業関連相談窓口」を設置すると発表した。同日から相談の受付を開始した。相談内容に応じて、取引あっせん、商談会への参加、専門家の派遣、金融相談などの経営支援を実施する。

 兵庫県の井戸敏三知事は同日の定例記者会見で、川重の造船事業縮小による影響について「影響があるとすれば事業縮減に伴う下請けへの影響ということで、相談窓口を開設した」と説明。「兵庫県と神戸市と商工会議所が作ったワンストップの窓口がこういう形で機能するとは思わなかったが、万全を期していきたい」と語った。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報