JR西日本子会社と神戸デジタル・ラボ、情報セキュリティーで業務提携

 JR西日本の子会社で広告会社のJR西日本コミュニケーションズと神戸デジタル・ラボ(神戸市中央区)は30日、広告に関連する情報セキュリティー分野でと業務提携すると発表した。広告主が運営するウェブサイトに対して、外部からの侵入に対する弱さを調べる「ぜい弱性診断」を共同で実施する。個人情報の取り扱いなどで求められる高い安全性の実現を支援する。

 JR西日本コミュが持つ広告業界のノウハウと、神戸デジタル・ラボが持つ情報セキュリティーサービスの技術で両者の強みが生かせると判断した。ぜい弱性診断に加え、定期的にセキュリティーの運用も後押しする。広告主が運営するウェブサイトにもセキュリティーを考慮した開発手順の導入し、より安全性を高める。

 両社での取り組みを通じて、広告主が安心してウェブサイトを運営できるようにする。さらにサイト訪問者に安心感を与えることなどで、より広告効果が高まることも期待できるという。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報