石原ケミカルの今期、純利益8%減 3億円の減損計上

20170323石原ケミカル業績予想修正

 石原ケミカルは22日、2017年3月期の連結純利益が前期単独比8%減の5億円になる見通しだと発表した。従来予想の5億4000万円から下方修正した。神戸工場(神戸市西区)が保有する固定資産で減損処理を実施し、約3億円の特別損失を計上することなどが響く。一方で、有価証券の売却益2億6100万円を計上する計画という。

 売上高は1%減の144億円、営業利益は微減の7億円を見込む。従来予想は145億円、6億5000万円だった。売上高は従来予想をやや下回る見通しだが、販売品目の構成が当初の見込みから変化したことで採算は改善した。プリント基板とタッチパネル向けで機器等の管理装置に大口需要があったという。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報