三菱重工、神戸造船所「Eビル」が完成 機械・設備システム事業の拠点に

 三菱重工業は、神戸造船所(神戸市兵庫区)の敷地内に建設していた「Eビル」が15日に完成したと発表した。子会社である三菱重工メカトロシステムズの本社機能に加え、総合研究所や三菱重工のICT本部などが入居する予定で、機械・設備システムに関する事業の主要な拠点になる。今後は移転などを進め、3月末から同ビルでの業務を順次開始する。

 1階は共有セキュリティエリアで、2〜6階に三菱重工メカトロシステムズ、5階の一部に三菱重工のICT本部、7階に三菱重工の総合研究所と三菱重工サーマルシステムズが入居する。総合研究所は3月末、5月上旬に三菱重工メカトロシステムズと三菱重工ICT本部、9月上旬に三菱重工サーマルシステムズがそれぞれ業務を開始する予定だ。

 三菱重工の子会社である菱重ファシリティー&プロパティーズ(東京都港区)が設計、大林組が施工をそれぞれ担当した。鉄骨構造7階建てで、延べ床面積は約1万2000平方メートル。16日に開催した完成記念式典には、三菱重工の機械・設備システムドメイン副ドメイン長である長谷川守執行役員、三菱重工メカトロシステムズの長島是社長や神戸造船所長らが参加した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報