明石ビブレにカフェモロゾフの新店舗 洋菓子販売に喫茶を併設

20170318カフェモロゾフ明石ビブレ店

 モロゾフは18日に「カフェモロゾフ明石ビブレ店」(イメージ図=モロゾフの発表資料より)をオープンすると発表した。JR神戸線(山陽本線)大久保駅の南側にある明石ビブレ(明石市)の2階に入居する。洋菓子の販売店に喫茶スペースを併設。喫茶の座席数は54席を予定する。

 店頭で生地を手作りし、注文を受けてから焼き上げるアーモンドワッフルなどが楽しめる。ランチのメニューも充実させる。カフェモロゾフ明石ビブレ店の出店で、モロゾフの喫茶・レストランは合計32店になるとみられる。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報