ノーリツ、浴室暖房乾燥機で無償部品交換 発火の恐れ

 ノーリツは16日、1997年9月から2007年12月まで製造販売した浴室暖房乾燥機の一部機種で、発火の恐れがあることが分かったと発表した。対象になるのは9万4756台で、部品として採用している循環モーターを無償で交換する。新聞各紙に社告を出し、周知するという。

 人的な被害は出ていないが、これまでに機器本体が燃える事故が3件発生した。原因を調べたところ、設計上の配慮不足のため端子部が異常に加熱するケースがあることが分かったとしている。現時点で業績への影響は未確定だが、影響が大きいとみられる場合は改めて発表する計画だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報