「神戸国際ちくわ笛音楽祭」を新長田で開催 カネテツデリカフーズが特別協賛

20170312カネテツデリカフーズ「てっちゃん」

 神戸市は18日に開幕する神戸フルート音楽祭の一環で、4月16日に「神戸国際ちくわ笛音楽祭」を新長田・若松公園(神戸市長田区)で開催すると発表した。長田区で活動するスチールパンオーケストラ「ファンタスティックス」が通常の演奏に加え、当日限りで「ちくわスティックス」を名乗り「ちくわ笛」の演奏会に臨む。地元のNPOが共催し、ちくわメーカーであるカネテツデリカフーズが特別協賛する。

 当日は、ちくわに限らず何でも笛にしてパフォーマンスを競う「何でも笛自慢大会」を実施するほか、若手の女性フルート奏者で構成する「SA・KU・RAジェンヌ」によるフルート演奏、ブラスバンド「三田村管打団?」の演奏などを予定。音楽以外でも創作ちくわ料理の屋台が出店し、味を競う「ちく1(ワン)グランプリ」も開催と盛りだくさんの予定だ。

 カネテツデリカフーズは神戸マラソンでも沿道給食でちくわを提供。練り製品の地元企業として、神戸フルート音楽祭や開港150年記念行事を盛り上げる。同時に、ちくわの提供などを通じて製品やブランドの浸透を図るねらいもあるとみられる。神戸国際ちくわ笛音楽祭の当日は、会場にカネテツのキャラクターである「てっちゃん」(写真=神戸市の発表資料より)も登場する予定だ。

▽関連記事
カネテツデリカフーズ「珍比良」に65周年記念パッケージ (2017/02/27)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報