桜並木にデザイン照明も メリケンパーク、4月5日にリニューアルオープン

20170308メリケンパーク夜景イメージ

 神戸市は8日、リニューアル工事中のメリケンパーク(神戸市中央区)を4月5日に再オープンさせると発表した。現在は工事のために一部で立ち入りが制限されているが、工事の完成に伴い全面開放する予定だ。同日の夕方にはリニューアル完成式典を開催。新たに設置するモニュメントを披露し、夜間ライトアップの点灯式も実施する。4月21日にはスターバックスコーヒー神戸メリケンパーク店も会場する。(図は夜景イメージ=神戸市の発表資料より)

 今回のリニューアルの目玉は、桜並木の整備が目玉。同日の定例記者会見では久元喜造神戸市長は「新たなウォーターフロントの名所になることを期待したい」と述べた。芝生広場も拡張。イベントの際にはステージになることを想定した常設の屋根も設置した。5月の神戸開港150年音楽祭や7月の海フェスタの舞台になる。

 このほか久元氏は「さらに夜景の魅力に磨きをかける」ことにも注力したと強調。元町方面からの玄関口にではモニュメント「フィッシュダンス」をライトアップする。桜並木もライトアップやデザイン照明でいろどる。展望広場では床面に青色LEDを埋め込み、星屑のようなムードを演出。岸壁近くの階段や手すりもLED照明で縁取り、水際も演出する。

 今後はさらなるにぎわい作りを目的に、ポートタワーや中突堤との一体的な管理運営を検討する。神戸海洋博物館の展示物も刷新を検討。イベントの有無にかかわらず訪れたくなる場所として、魅力を向上させる計画だ。

▽関連記事
スターバックス、神戸・メリケンパークに関西初の公園内店舗 西日本最大の規模 (2016/05/16)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報