六甲バター、神戸市西区に新工場建設へ 28億円で用地取得

 六甲バターは7日、新工場建設を目的とした土地を神戸市西区の産業団地「神戸テクノ・ロジスティックパーク」に取得すると発表した。広さは約5万1500平方メートルで、価格は28億円。産業団地を開発した神戸市から購入する。引き渡しは30日。新工場はこれから建設するが2019年3月末までに稼働させる計画だ。

 同社は現在、稲美工場(加古郡稲美町)、長野工場(長野県佐久市)の2工場を抱えており、新工場は3つ目ににある。生産力を高めて増産し、製品の供給能力を高める。生産する品目などは明らかにしていない。

 今回の土地取得には手持ちの資金を活用し、新たな資金調達は実施しない。土地取得に伴う17年12月期の業績への影響は軽微としている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報