買い物の合間に足湯、芸妓さんも登場 さんちかリニューアル1周年で

20170227有馬足湯のイメージ

 神戸・三宮の地下街「さんちか」では3〜4日、昨年3月のリニューアルから1周年を記念して「足湯体験」を開催する。買い物で歩き疲れた足を、有馬温泉「金泉」の湯につけて、ひと休みできる。両日とも午後0時〜4時に開催。午後0時半、1時半、2時半からは、有馬の芸妓らが約15分の「有馬の踊り」も披露する。

 さんちかでは昨年のリニューアルをきっかけに、「有馬温泉神戸さんちか案内所」がオープン。同案内所も1周年を迎える。温泉の関連グッズ販売に加え、宿泊の予約などもできるようになった。当日にさんちかを利用した1000円以上のレシートがあれば、抽選会にも参加できる。(写真は有馬足湯のイメージ=さんちかホームページより)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報