シスメックス、ゲノム医療の臨床実用化で東大と共同研究 がん解析など対象に

 シスメックスは9日、東京大学とゲノム医療の臨床実用化を目指して共同研究する契約を結んだと発表した。肺がんや肉腫など特定のがんの解析や、希少疾患に関わる遺伝子変異を解析する。東京大学が進める「ゲノム医療研究プロジェクト」の一環で開設するシーケンス室はシスメックスの子会社が運営し、国際基準に準拠したゲノム解析を手がける。

 がん分野では、診療上重要な複数の遺伝子変異などを同時に解析するのに使う遺伝子のセット「ターゲット遺伝子パネル」の開発を目指す。解析結果に基づいて診断の正確さを高め、最適な治療方法を選べるようにするのがねらい。希少疾患も遺伝子検査によって診断を確定できる遺伝性のケースが多いという。

 シーケンス室は医学部の付属病院敷地内にある東京大学ライフイノベーション棟に開設。遺伝子情報を高精度に調べる施設で、疾患診断や治療法の選択などに役立てる。シーケンス室を運営するシスメックス子会社の理研ジェネシス(東京都品川区)は、米臨床検査室改善法に基づいて認められた研究室を国内で初めて登録した経験を持つ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報