灘の酒に神戸開港150年記念商品「神戸紀行」 白鶴

20170205白鶴特撰純米吟醸山田錦神戸紀行 720m

 白鶴酒造(神戸市東灘区)は神戸開港150年記念のロゴを入れた記念商品「特選 白鶴 純米吟醸山田錦 神戸紀行 720ml」(写真=白鶴酒造の発表資料より)を1日に発売した。1743年に白鶴酒造が創業した当時から海運を利用して「灘の生一本」を江戸に出荷、開港後は海外へと販路を伸ばすなど、灘の酒と神戸港のつながりの深さから開港150年を祝う記念商品の発売を決めた。

 神戸港の青い海を利用した瑠璃(るり)色のビンを採用し、ラベルにはポートタワーなど神戸港のイラストを描いた。兵庫県産の山田錦を100%使用した純米吟醸酒。山田錦の深い味わいと、吟醸酒特有の高い香りが特徴だ。神戸開港150年記念行事が相次ぎ、注目される神戸を地元発の全国ブランドで盛り上げる。

 期間限定で販売する。アルコール分15〜16%、日本酒度プラス3。同社の通販サイトでは税込1620円で販売している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報