神姫バス、屋根なし「スカイバス神戸」を投入 神戸を70分で1周

 神姫バスは31日、神戸市内の観光地を70分で1周する定期観光バスのコースに、屋根がない2階建てバス(写真=神姫バスの発表資料より)を投入すると発表した。屋根がないバスならではの、ダイナミックな風景が楽しめる。「スカイバス神戸」と名付け、3月19日から営業運転を始める。前日には試乗会を開催する。

20170131神姫バスのスカイバス神戸

 東京や京都で同じ車種の定期観光バスが人気とあって、神姫バスも神戸市内での導入を決めた。開放的な景観に加え、神戸を知りつくしたアテンダントが乗車。さらに70分と比較的短時間で神戸の観光地をひとめぐりできるのが特徴だ。JR三ノ宮駅の東側高架下にある神姫バスのターミナルで乗り降りし、途中の乗降はない。

 出発後はポートアイランド、花時計、旧居留地、中突堤・ポートタワー、生田川、フラワーロードの順に巡り、三宮の神姫バスターミナルに戻る。1日5便を運行し、それぞれ9時、11時、14時、16時、18時にターミナルを出発する。大人1800円、子供900円(いずれも税込)だ。2月19日から予約を受け付ける。

 運行開始前日の3月18日は運行開始セレモニーと試乗会を開催。報道関係者や招待客の他に、一般から抽選で20組40人を招待する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報