2016年のケミカルシューズ生産額、前年比1.4%減 3年連続減少

 日本ケミカルシューズ工業組合(神戸市長田区)が24日に発表した2016年のケミカルシューズ生産額は、前年比1.4%減の367億円だった。年間の生産額は3年連続で減少した。主力の婦人靴は292億円で前年比横ばいだったが、紳士靴と子供靴が振るわなかった。

 2016年12月現在の加盟社数は89社だった。15年12月の85社から婦人靴メーカーが5社増加し、子供靴メーカーが1社減少した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報