井戸兵庫知事、17年度予算「兵庫にカムバックするような対策が望ましい」

20170123井戸兵庫知事の定例記者会見

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が公開した動画より)は23日の定例記者会見で、2017年度予算では地域創生に関連する施策として「できるだけカムバックしてもらえるような対応、就職にしても住むにしても兵庫を目指してもらえるような対策ができれば望ましいと考えている」との見方を示した。空き家対策などで2016年度で実施した事業も多いが「できることを、きちんとしていきたい」と継続して事業に取り組む考えを明らかにした。

 具体的な施策としては「女性やシニアの起業にも重点を置けないか」「県内企業への就職を増やすための情報提供やマッチングを、大学のキャリアセンターなどとの連携を強めながら推進したい」など、現在検討している事業の例を挙げた。

 16年度の税収が当初の見込みを下回る可能性が高まった背景については「やはり円高(による景気の足踏み)でしょう」との見方を示した。夏場にかけ、外国為替市場で円相場は1ドル=100円程度に円高・ドル安が進む場面があり、兵庫県内でも企業の間で景気の先行き不透明感が広がった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報