川重、自衛隊向け輸送ヘリ100機納入 「CH-47JA」型機

20170117川重輸送ヘリCH-47JA

 川崎重工業は17日、自衛隊向けに製造した輸送用ヘリコプター「CH-47J」と改良型である「CH-47JA」(写真=川重の発表資料より )の納入が合計で100機に達したと発表した。このほど陸上自衛隊に100機目を納入したという。これまで川重は陸上自衛隊に68機、航空自衛隊に31機を納入していた。

 同型機は前と後の2カ所に回転翼を持ち、開けるとスロープになるドア(ランプドア)が機体後部にあるのが特徴。安定性に優れ、災害時の救援や国際任務など広い分野で活躍しているという。従来の輸送ヘリである「V-107」型機の後継として投入された。

 川重はボーイング社からライセンスを受けて1984年からCHー47Jの製造を始めた。陸自向けには燃料タンクの容量を増やして航続距離を伸ばしたCHー47JAの納入を86年に始めた。全長は30.18メートル(胴体の長さは15.88メートル)、高さ5.69メートル。乗員3人のほかに55人が乗り込める。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報