神戸市、六アイ活性化に「スイーツ発信拠点」 運営事業者を募集

 神戸市は10日、六甲アイランド活性化の一環として「神戸スイーツ」の魅力を総合的に発信する拠点を4月にも開設すると発表した。2月初めに向け運営事業者を募集する。洋菓子の販売だけでなく歴史や文化を総合的に展示することで「神戸スイーツ」の魅力を強調すると同時に、六甲アイランドへの観光客誘致などもねらう。

 開設する場所は、神戸ファッション美術館などが入居する「神戸ファッションプラザ」(神戸市東灘区)3階店舗部分の約220平方メートルを予定。洋菓子の販売に加え、洋菓子作りの実演や、喫茶コーナーなども設ける。店舗は3月末までに完成させる必要があり、内装費用は500万円を上限に神戸市が一部を負担する。

 事業期間は20年3月末までを予定しており、2月上旬にも運営事業者を決定する計画だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報