ドンク、「干支パン2017」地域別デザインで販売 7日まで

 ドンク(神戸市東灘区)は各店舗の初売り日から7日まで、2017年の干支(えと)である酉(とり)にちなんで、ニワトリやヒヨコをデザインしたパンを販売する。ドンク店舗のほか、ジョアン、マリー・カトリーヌでも販売する予定だ。北海道、関東・東北のドンク、関東・東北・信越のジョアン、東海、京都、神戸、中四国、九州の全8地域ごとに異なるデザインのパンを開発した。

20170102ドンクのコケッコ&ピヨッコ20170102ドンクのニューイヤーブラウン&ハッピーホワイト

 東海エリアではニワトリをかたどった「干支パン(コケッコ)」とヒヨコの「干支パン(ピヨッコ)」(写真左=発表資料より)を販売する。それぞれチョコレートクリームとカスタードクリーム入り。ピヨッコはたまごの殻もモチーフの一部にし、生まれたてのヒヨコをかわいくまとめた。税込みで各260円。

 神戸地区のみ販売は4日までの予定。販売するのは「ニューイヤーブラウン」と「ハッピーホワイト」(写真右=同)の2種類だ。ブラウンにはチョコクリーム、ホワイトにはカスタードを入れた。茶羽根と白羽根のニワトリをかわいく表現したうえで、中に入ったクリームの種類もわかりやすく表した。税込みでそれぞれ270円。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報