リゾート「つま恋」、パールシティ神戸のIHMが取得へ 4月に再開

 ヤマハは27日、一般営業を25日に終えたリゾート施設「ヤマハリゾートつま恋」(静岡県掛川市)の売却先として、ホテルパールシティ神戸など国内にホテルを展開するホテルマネージメントインターナショナル(HMI、神戸市中央区)を優先交渉権者に選んだと発表した。2017年4月からHMIが「つま恋」の商標もあわせて取得し、営業を再開する予定だ。価格は今後決めるとみられる。

 「つま恋」のリゾート施設はヤマハが保有し、子会社のヤマハリゾートが管理運営してきた。ヤマハリゾートによる管理運営も17年3月末で終わる。ヤマハが売却する不動産は232室ある宿泊施設のほか、コンサート会場、温泉施設、結婚式場やスポーツ施設などで、敷地面積は140万平方メートル。2016年3月期の売上高は31億円だった。

 1970〜80年代には中島みゆき、世良公則、円広志らがグランプリを獲得した「ポピュラーソングコンテスト(ポプコン)」(主催・ヤマハ音楽振興会)の会場にもなった。ヤマハはリゾート事業を見直し、「葛城ゴルフ倶楽部」と宿泊施設「葛城北の丸」(いずれも静岡県袋井市)に経営資源を集中すると9月2日に発表していた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報