「ファミリアの軌跡展」新宿・伊勢丹でも開催 1月25日から

 子ども用品のファミリア(神戸市中央区)は、同社の創業者をモデルにしたNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の放送を機会に開催している展示会「ファミリアの軌跡展」を、東京・新宿の百貨店「伊勢丹新宿本店」でも開催する。開催期間は2017年1月25日から2月7日までの2週間。「ひと針ひと針に込めた愛情〜手刺繍・ドレス」をテーマに、1980年代にデザインされたワンピースなどを展示する。

 ファミリアは9月から銀座本店(東京都中央区)と神戸本店(神戸市中央区)で「ファミリアの軌跡展」を開催。多くの来場者を集めていることなどを受けて、伊勢丹新宿本店6階センターパークでも開催することを決めた。機械刺繍では表現しきれない繊細さやモチーフの膨らみなど、ファミリアが創業当時からこだわった手刺繍の良さをきっかけに、同社の技術や製品製造の理念(こだわり)を創業当時の写真などとともに紹介する。

 日本で最も売上高の多い百貨店での開催で同社の認知度を高め、改めてブランドの浸透などが期待できそうだ。伊勢丹新宿本店では、展示会の限定商品としてオリジナルの刺繍が入ったタオルハンカチ(全4色、各税別800円、写真=ファミリアの発表資料より)を販売。親子で参加できるソーイングレッスン(縫い物教室)も開催する。
20161225 ファミリアタオルハンカチ
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報