アシックス、内村航平とアドバイザリースタッフ契約 体操で初のプロ選手

 アシックスは21日、リオデジャネイロ五輪の体操個人総合などで金メダルを獲得した内村航平選手(27)とアドバイザリースタッフ契約を結んだと発表した。アシックスがウエアや用具などで内村選手を支援し、内村選手はアシックスのイベント参加やポスター・カタログなどへの出演を通じて販促活動に協力する。

 内村選手は11月いっぱいでコナミホールディングス傘下のコナミスポーツを退社。体操競技では日本で初めてプロ選手として活動し、20年の東京五輪への出場を目指す。体操競技の認知度を向上させたり、スポーツの楽しさを子供たちに伝えたりしたいという内村選手の意向と、スポーツ振興による企業価値向上を掲げるアシックスの方向性が一致したと判断した。

 契約期間は12月1日からとした。契約金額などは明らかにしていない。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報