FC2ブログ

ヒラキの4〜9月期、純利益3%増 減収も経費削減で増益確保

20181107ヒラキ決算グラフ

 ヒラキが7日発表した2018年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比3%増の3億5000万円だった。各事業分野で販売は想定を下回ったが、広告宣伝費の抑制や経費削減で販管費が減少し、増益を確保した。従来予想である2億8000万円も上回った。

 売上高は4%減の85億円、営業利益は3%増の5億2900万円だった。従来予想は90億円、4億2000万円だった。通信販売事業ではウェブへのシフトによってカタログ経費の削減が進んだ。ディスカウント事業の販売は悪天候の影響が出たが、チラシ配布の効率化で広告宣伝費を抑えた。

 2019年3月期の連結業績予想は据え置いた。純利益は前期比18%減の6億円を見込む。年間配当金を前期据え置きの20円(うち中間10円)にする配当予定も据え置いた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報