FC2ブログ

上組、住吉浜にバイオマス燃料の供給基地 全農サイロの施設を購入

20181101住吉浜サイロ施設

 港湾運送大手の上組は神戸市東灘区の住吉浜に、バイオマス発電に使う燃料の供給基地を開設する計画を発表した。10月31日付で全農サイロ(東京都千代田区)の施設(写真=上組の発表資料より)を購入し、専用施設として改造。輸入した木質バイオマス燃料をサイロで保管し、バイオマス発電所に向かう内航船に積み替える基地にする。2023年1月に営業運転を開始する予定だ。

 三菱商事の全額出資会社である三菱商事パワーと関西電力は、関西電力発電所相生発電所2号機(相生市)の燃料を、重油・原油から木質バイオマスペレットに変更して23年1月に運転を開始する。上組は同発電所の稼働に合わせて、燃料の供給基地を稼働させる。三菱商事パワーと関西電力で設立した同発電所の運営会社と、燃料のウッドペレットを供給する三菱商事、上組の間で燃料の保管と内航輸送などについて契約した。

 上組がバイオマス燃料の輸入に関する荷役、サイロでの保管、発電所への輸送という一貫した作業を請け負うのは初めて。これまで上組に蓄積したサイロ保管のノウハウを生かし、新たな事業として確立したい考えとしている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報