FC2ブログ

アジュバンの松井社長、ヘアケア新製品が好調「大人社会に合った製品」

20181019松井アジュバン社長

 アジュバンコスメジャパンが19日に開いた記者向けの決算説明会で松井健二社長(写真)は、3月に発売したヘアケア分野の新製品「クラスS」が好調に推移している背景について「大人社会に合った製品」と説明した。新製品の特徴は、製品の配合(レシピ)を工夫して加齢に伴う髪質の変化に対応したこと。製品の販売経路である美容院に通う女性も年齢層が上がっており、従来とは変化した需要を捉えることができたという。

 クラスSは同社としては初めて、自社でレシピを開発した製品。従来はメーカーが開発したOEM(他社ブランド生産)製品を販売してきたが、研究開発を他社に頼ることで、ライセンスなどの面から中長期的にはコスト高になっていた。2023年3月期を最終年度とする中期経営計画では、スキンケア製品も含め順次自社開発に切り替える予定。まずは第1段の滑り出しが順調とあって、松井氏も笑顔で質問に応じていた。

 このほか政府が19年10月に、消費税率を現在の8%から10%に引き上げることを確認したことについて「5%から8%に上がったときに、ならしてみれば収益に大きな影響は出なかった。今回も同様では」との見通しを述べた。一方で、光熱費や人件費の上昇をサービス価格に転嫁できていなかった「美容院が、価格を見直すきっかけにできるかもしれない」との見方を示した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報