住友ゴム、米国に開発体制 来月「テクニカルセンター」本格稼働

 住友ゴムは15日、米ニューヨーク州トナワンダの米国工場内で準備を進めていた開発拠点「米国テクニカルセンター」が2017年1月に本格稼働すると発表した。米国で顧客ニーズを取り入れた製品をいち早く開発し、市場に投入できるようにする。アラバマ州の2輪車用テストコース(写真=住友ゴムの発表資料より)に4輪車のテストコースも併設し、17年3月から使用する。

20161215住友ゴム米国2輪テストコース

 15年10月に米タイヤ大手グッドイヤーとの提携解消によって体制が手薄になった欧米市場で、販売開発体制を整える一環という。米国テクニカルセンターと4輪テストコースの整備で、現地での開発・評価の体制が整う。現地の需要に応じたタイヤの開発で競争力を高め、米国でのシェア向上などにつなげたい考えだ。

 住友ゴムは欧州でも開発拠点「欧州テクニカルセンター」の準備を進めている。本格稼働は17年9月を予定する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報