FC2ブログ

本庶氏ノーベル賞、神戸で記念シンポジウム 医療産業都市20周年式典と同時開催

20181010本庶佑氏

 神戸市が医療関連の会社や研究機関などの集積を進めている神戸医療産業都市では、神戸医療産業都市推進機構(神戸市中央区)の本庶佑理事長がノーベル生理学・医学賞を受賞したのを記念したシンポジウムを19日に開催する。19日に開催する神戸医療産業都市の20周年記念式典と、同時に予定していた神戸国際創薬シンポジウムを本庶氏の受賞記念として開催することにした。(写真は4月に開かれた神戸医療産業都市推進機構の発足式典であいさつする本庶氏)

 本庶氏も出席して「免疫でがんを治す」をテーマに基調講演する予定だ。医療や医薬品などの専門家向け。参加申し込みの期限は12日まで延長した。参加費は無料だが、終了後のパーティーに参加する場合は参加費5000円が必要だ。

 神戸市の久元喜造市長が10日の定例記者会見で発表した。久元氏は、神戸医療産業都市の20周年という節目に届いたノーベル賞の朗報とあって、「神戸医療産業都市の国際的な認知度に大きくつながるのではないか」との期待感を語った。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報