FC2ブログ

国交省、伊丹・神戸での関空代替を11日で終了 伊丹の国際便は関空発着に

 国土交通省は10日、関西国際空港が本格運用に復帰するまで、大阪国際(伊丹)空港と神戸空港で代替的に国際線・国内線を受け入れることができる緊急措置を11日で終了すると発表した。11日に関西国際空港の旅客施設が本格運用に復帰する見込みになったため。

 日本航空が運航を予定していた17日の香港発・伊丹行き、21日の伊丹発・香港行きの2便は、発着地を伊丹空港から関西国際空港に変更する。伊丹空港では24年ぶりの国際線になる見込みだったが、実現しなくなった。

 関西国際空港の機能代替を伊丹・神戸で実施した9月14日以降、伊丹空港では20便、神戸空港では2便を受け入れた。ただ9月18日以降、両空港とも関西国際空港の代替で受け入れた航空便はなかった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報