FC2ブログ

「ビゴの店」のフィリップ・ビゴ氏が死去 フランス大使館

 阪神間にとどまらず全国的に著名なパン店「ビゴの店」(芦屋市)の創業者で、日本にフランスパンを広めたフィリップ・ビゴ氏(76)が17日に死去していたことが分かった。18日にフランス大使館がツイッターを通じて明らかにした。

 見本市のために1965年に来日したが、見本市の終了後も日本に残り、ドンク三宮店(神戸市中央区)で技術指導するなどフランスパンの普及に尽力した。1972年に芦屋市で「ビゴの店」を開業。国内に店舗を展開したほか、多くの著名なパン職人を育てた。

 ローラン・ピック駐日フランス大使は「日本のパン消費量の飛躍的な伸びに加えて、日本人のフランスパンに対する好感度向上に大きく貢献されました」と、ビゴ氏の功績をたたえた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報